富士山ウエルネスリゾート日月倶楽部
| English |
日月倶楽部とは滞在プログラムご宿泊のみアクティビティ施設案内交通案内
ご予約
こちらのボタンは宿泊料金と
お部屋の空き状態をご案内しております。

 日月倶楽部とは

富士山頂上(標高3776m)から駿河湾(海抜0m)までの稜線を一望できる日本でも有数の眺望である約20000坪の敷地内、6室のメゾネットタイプのお部屋は雄大な富士山を体感できます。その他にエアストリームを堪能できるコテージ付きのお部屋もご用意しております。テーラーメイドの食膳薬膳茶や医師監修の各種ヘルスプログラムで、心身のリフレッシュ、自然体感、自然欠乏対策にご利用いただく、日本初の滞在・体感型施設です。

 

間近に見える富士山

 

日月倶楽部はWELLNESS UNIONの理念に基づき、活動する拠点の一つです。富士山麓の希少なロケーションにて「自然欠乏症候群」を解消するきっかけの場です。

医学の父ヒポクラテスが「自然から遠ざかるほど病気に近づく」と述べたことが現実味を帯びている中で、皆さまのヘルスプロモーションに貢献できればと思っております。

日月倶楽部の立地は、富士山麓に広がる朝霧高原、富士箱根伊豆国立公園内にあり、豊かな自然環境、景観に加えて、神話や歴史など多くの文化的資産を有しています。滞在・体感型の施設としてのご利用と、志を共にするさまざまな方々・団体とのプログラム共同開催など、特別なプログラムのご提供もございます。

動的自然体験から、自然の摂理と心身の繋がり・調和を感じ、自然への畏敬の念をあらためて感じていただければ幸いです。心より皆様のお越しをお待ちしております。

*中山保養地について
朝霧高原は500‐1400m位の標高にあり、欧州の標高を基準にした保養地(気候保養地)では、中山保養地(標高300-1000m)に位置する面積が多数あります。
この中山気候は丘陵地帯、森林が多い地域で、特別な禁忌などはなく、幅広い気候療法の適応がある環境であるとされています。日月倶楽部は標高700mに位置し、まさに中山保養地として気候療法を体感できる場と言えます。

日月倶楽部

 

 8つの特徴

8つの特徴

 

自然欠乏症候群とは

自然欠乏障害・自然欠乏症候群と、その処方箋

「自然欠乏障害」は、2005年に出版された「あなたの子供には自然が足りない」(春日井晶子訳・早川書房)で著者のリチャード・ルーブが提唱した造語です。

人間の五感は、長い年月、自然の複雑な音や、季節感のある香り、また昼夜のリズムなどに囲まれて進化してきました。現代の都市生活は、このような自然環境の中で長年育まれてきた遺伝因子に大きな負荷や違和感を与え続けているのではないでしょうか。少なくとも、感情や神経系、生理に大きな影響を及ぼしていると考えられます。私のアリゾナ大学統合医療プログラムの恩師であるアンドルー・ワイル博士の著書「うつが消えるこころのレッスン」(上野圭一訳・角川書店)の中でも、このことが指摘されています。

米国では、この「自然欠乏障害」の重要性が指摘されるようになっており、本邦でも、近い将来その問題が表面化すると思われます。医学の父であるヒポクラテスが「自然から遠ざかるほど病気に近づく」という言葉を残していましたが、まさに現代社会でこのことが証明されつつあるのです。

さて、この自然欠乏障害、場合によっては自然欠乏症候群に対しては、どのような対策が良いのでしょうか?工場で作った化学薬品でしょうか?その答えは自然環境にあり、その場に身を置いて体感することではないのでしょうか?
その処方箋に相当するのが、日月倶楽部での滞在と考えています。健康な方々の心身のリセットや未病に対する対応、そして自然欠乏障害に対しても、日月倶楽部はご協力できると考えています。

 

敷地内の昆虫と敷地内から見た富士山

 

自然欠乏症候群チェックリスト

あなたは自然欠乏症候群?

◆チェックリスト
(1) 日の出と日没を意識して生活している(日の出前に起床し、日没から4時間以内に消灯している)
(2) 木材など自然素材の住宅に住んでいる
(3) 静寂さや、自然の音などを感じやすい場所で活動している
(4) 自然の香りを実感しやすい環境にておいて活動している
(5) 自然素材の衣服を着ていることが多い
(6) 自分の足で歩くことが多い
(7) 長時間の自動車運転や電車通勤(通学)をしていない
(8) 主に自然食を摂取し、化学薬品は摂取していない
(9) 飲料物は、自然水や有機栽培などで作られたものである
(10) 電気毛布や電子レンジ、電離調理器、また携帯電話やPCなどに接することは少ない
(11) 日常的に森林浴、海水浴、日光浴などをしている
(12) アスファルトやタイルではなく、土や芝、砂地などの上を歩くことが多い

 

医師紹介

山本竜隆 山本竜隆

山本竜隆(やまもと たつたか) 
医師・医学博士
朝霧高原診療所 院長
WELLNESS UNION(富士山静養園・日月倶楽部)代表
昭和大学医学部非常勤講師・聖マリアンナ医科大学非常勤講師
1966年神奈川県生まれ
聖マリアンナ医科大学、昭和大学医学部大学院卒業。
内科研修、医学研究の後は“アンドルー・ワイル”が主催する米国アリゾナ大学医学部統合医療プログラムAssociate Fellow(2000年~2002年)をアジアで初めて修了。その後、統合医療ビレッジグループ総院長(東京・四谷)、JA中伊豆温泉病院内科医長、(株)小糸製作所静岡工場診療所所長・産業医などを経て現職。自ら湧き水や薪での生活をしつつ、地域医療とヘルスツーリズムの両輪で、地域活性や“自然欠乏症候群”の提唱などの活動している。
富士箱根伊豆国立公園内で、富士山を目前にするテラス&舞台、ゼロトップ(富士山頂上から太平洋までの稜線を眺める)のツリーテラスなどを有する、約20000坪のプライベート空間の中で過ごしていただくための滞在施設「日月倶楽部」では、ヨガや瞑想などのマインドフルネス、企業の健康管理者への指導、健康関連分野のセミナー合宿など、雄大な自然環境に身を置いて行う各種滞在プログラムを提供している。

【役職ほか】
日本東方医学会 学術委員・中医専門医
日本人間ドック学会 認定専門医、日本医師会 認定産業医
日本統合医療学会 指導医・評議員
日本ホリスティック医学協会 理事、日本メディカルハーブ協会 理事
日本東洋医学会 認定専門医、日本ホメオパシー医学会 認定医
日本リラクゼーション業協会 顧問医師

【主な一般著書(共著含む)】
統合医療運営マニュアル/現代企画
治る力を呼びさます・統合医療のすすめ/東京堂出版
イタリアン・テルメ/エルゼビアジャパン
統合医療とは何か?が、わかる本/ほんの木
食べもので「体の不調」を治す本/アスコム 
自然欠乏症候群/ワニ・プラスなど。

 

 



日月倶楽部とは滞在プログラムご宿泊のみアクティビティレストランカフェ施設案内交通案内

| Englishリンク | 日月倶楽部チャンネルお問合せよくあるお問合せメディア掲載情報HOME

日月倶楽部〒418-0108静岡県富士宮市猪之頭2271
info@hitsuki-club.com

富士山の麓、田貫湖畔日月倶楽部

 

Copyright (C)日月倶楽部 All Rights Reserved.